おやつも吟味して

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

犬の場合、月齢や年齢などによって食事の回数が変わってきます。生まれたての仔犬は、母乳だけで過ごし、4週目くらいから子犬用のドッグフードを柔らかくして少しずつ与えるようにします。子犬の場合は、一回の食事でたくさん食べることができないので、食事回数は多めです。6か月になるまでは、4回~5回程度。その後、食事回数はだんだん2回にシフトしていきます。ドッグフードの中には、仔犬用のものもあります。仔犬は、タンパク質やカルシウムも多く必要になりますし、エネルギーも必要です。

また、おやつを与える場合はおやつ選びも是非吟味して頂きたいと思います。着色料や保存料、香料などの添加物が含まれていないものを選ぶのはもちろんですが、一度に与える量にも注意しなければなりません。おやつはあくまでもおやつ。メインは食事の方ですから、食べ過ぎはよくありません。目安は、一日に与えるドッグフードの量の10~20パーセント程度までとしましょう。もちろん、必ずおやつを与える必要はありません。また、おやつを手作りすることも可能です。やみくもに与えたりせず、ルールを決めて少量を与えるのが理想。ねだられる度に与えたり、気まぐれで与えたりしないようにしましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket