ペットフードの与え方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美味しい物は確かに人を幸せにしてくれますから、ペットにも同じように幸せになってほしいと願う気持ちも分かります。しかし、与えすぎ、食べさせ過ぎはかえってマイナス。ペットフードは、是非適量を与えるようにしてください。もちろん、選ぶ時は素材を吟味してすることも必要。心配な添加物がふくまれていないかどうかも、よく確認して頂きたいと思います。保存料や着色料、発色剤、保湿剤などは避ける方が安心。特に、BHAやエトキシキンは入っていないことを確かめてから選ぶことをお勧めします。

また、安心安全なドッグフードを選んでも、保管方法などに問題があると安心して与えることができなくなります。ドライタイプのドッグフードは栄養バランスも取れていますし、日持ちもするので良いドッグフードだと言えるでしょう。しかしながら、直射日光に当てたり、開封してから密封せずに長時間放置してしまうと酸化が進み安全とは言えない状態になります。また開封していない場合であっても、あまりにも長期間そのままにしておいたりすると、やはり傷みやすくなりますのでお勧めできません。購入する時は、一か月で食べきれる分だけを購入して、いつも新しいものを食べさせることができるようにするのがお勧めです。

ドライタイプ以外にも、ウェットタイプや半生タイプなど色々ありますので、安心して与えることができるものを選んであげてください。ここでは、ドッグフードについて紹介します。是非参考にしてみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket