与える時の注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ペットフードは、適量を与えることが大切です。また、与える時はたっぷりの水を用意するようにしましょう。また、もしドッグフードを食べないような時は、いつまでもワンちゃんの食器の中にドッグフードを入れたままにしたりせず、すぐに下げてしまいましょう。なぜなら、ワンちゃんは出されたドッグフードが気に入らない場合、食べずに待っていることがあるからです。つまり、いわばワンちゃんのワガママなのです。ここで、別のフードを与えてしまったりすると、これからも同じような行動に移しやすくなります。待っていても何も変わらないということを教えなければなりません。少々可哀そうに思えるのですが、様子を見て食べないような時は下げるようにしてください。但し、水だけはたっぷりと与えるようにしてください。

しかしながら、ワンちゃんが食べない場合、病気が原因である場合もありますので、見極めが大切になってきます。まずは、排せつ分に変化がないかチェックしてみてください。元気がないなどの変化がないかどうかもチェック。その上で、おやつを出すとモリモリ食べる時はワガママ。元気がない、排せつ物に変化がある、好きなおやつを出しても食べない時は、病院に連れて行くことをお勧めします。口の中に炎症があることも考えられますのでチェックしてみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket